葬儀の料金の内訳について

これまでは参列する側だったとしても、自分たちが葬儀をする側になった時は突然のことも多くなるので慌てて決めてしまうことも少なくありません。納得できる料金であればいいのですが、時間もないからとあまり内訳を見ることもなく決めて後でもっとよいやり方があったかもしれないと思うこともしばしばです。葬儀の費用は大きく分けて3つに分かれます。全体的な葬式本体、そして飲食や接待など、最後がお寺関係へのお布施などです。

一般的には火葬も行いますから、その分の料金もかかってくることも考えておかなくてはいけません。固定されるのは基本的な本体部分で、人数が変わると必要料金が変わってくるのが変動部分になります。見積もりを取ったりすると、一式となっている場合もありますから、それでは分かりにくいなら業者に詳細な内訳を聞いて見ましょう。必要なことであればいいのですが、不要な物品や作業が含まれているのであればそれは外しておいた方がいいからです。

また、葬儀本体にもランクがあることもありますから、予算に応じて執り行うことが出来るように話し合いをするようにしてみて下さい。飲食接待費などは近年は減りつつありますが、必要に応じて準備をする部分です。そしてお寺など宗教関係に渡すお布施については宗教によっても変わってきますので、悲しい中で料金のことまで考えるのも大変ですが、この点についてもどれぐらいなら大丈夫そうなのかきちんと確認をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です